在宅サービス − 白川町地域包括支援センター

在宅サービス

白川町地域包括支援センター

「高齢者の方が、住み慣れた地域で安心してその人らしい生活を継続することができる」を理念として、主任ケアマネジャー、社会福祉士、保健師が高齢者の様々な相談に応じ、介護・福祉・医療など総合的に支援を行っています。

高齢者の方の生活全般の相談窓口

医療機関、福祉関係機関、民生委員などと協働し、地域のみな様とともに、安心してその人らしく生活を続けられるように支援いたします。

介護や健康面での支援

生活機能が低下している方、介護認定が要支援1・要支援2の方のケアプランを作成、自立に向けた介護予防サービス利用を支援します。

権利を守る

高齢者の人権や財産を守る拠点として、成年後見制度の活用や、消費者被害の防止、虐待の防止や早期発見など必要な支援を行いながら、地域のみな様と一緒に高齢者の方の生活を見守っていきます。

地域での介護予防活動を応援

「いつまでも元気に暮らすこと」「できるだけ要介護状態にならない・悪化しない」を目指して介護予防のお手伝いをしています。地域のサロンや老人会に出向き、足腰の衰え予防・認知症予防、講話やレクレーション等の出前講座を行っています。

高齢者が暮らしやすい地域づくり

住民の方々とともに、高齢者に関する地域での課題やニーズについて専門職、行政、福祉関係者と連携を取りながら考えていきます。