部門紹介 − 看護・介護部

部門紹介

看護・介護部

看護・介護部長 大槻 義昭
看護・介護部 部長
大槻 義昭

日本全国で少子高齢化が進んでいく中、岐阜県も例外ではなく、病院が位置する白川町はむしろその「最先端」とも呼べる地域です。国が進める医療政策は入院から通院、通院から在宅へと地域全体を含めたものに方向転換を示しています。その中で白川病院は急性期から慢性期に至るさまざまな患者様に対応し、しらとぴあ(白川のユートピア)を目指す「地域の病院」として医療を提供してまいりました。人口構造の変化、疾病の多様化にも対応しながら地域の皆様ひとりひとりが求める医療・看護・介護に真剣に向き合い、安心・安全に治療がうけられる看護介護部を目指してまいります。

看護・介護部の理念

私たちは、大切な人をぜひ入院させたいと思える看護・介護を提供します。

地域の方から白川病院は安心して入院できると言っていただける、信頼される看護を目指しています。

看護・介護部の特徴

職場はとてもアットホームで、職員たちは仲が良く、お互いに助け合い励ましあって仕事をしています。「共に看護の道を歩んでいる素敵な仲間」と出会えるところです。

力を入れていること

自立したひとづくり

自立した人とは、「自分のしたいことを自分でわかり、したい事に向かって自分で計画を立て、自ら実践する人」です。この自立した人づくりのために職員教育を行っています。

独自のトレーニング

看護・介護部では、認知症緩和ケア(タクティールケア)、エンゼルケア、排泄ケア、リエゾンナースによる外来・入院・退院までの継続支援、音楽療法、園芸療法、介護予防講座など、さまざまなトレーニング・活動に取り組んでいます。

楽しく学べる体験学習を導入した院内研修

気持ちに寄り添うエンゼルケア

安全で信頼されるケア

認知症緩和ケア(タクティールケア)

リハビリの一環である音楽療法